入れ歯・噛み合わせ治療|東京駅直結の歯医者 八重洲歯科診療所

医療法人有歯会 八重洲歯科診療所

入れ歯・噛み合わせ治療


入れ歯・咬み合わせ治療(歯科補綴)について

画像

最近は、インプラントの台頭で少々影が薄くなっているように思われますが、インプラント治療の出来ない患者さんも当然おられます。そのような方にはやはり入れ歯なのです。
また咬み合わせの不安定な患者さんにいきなりインプラント治療を行うのは危険です。ですから最終的にインプラント治療を行うにしても咬み合わせ治療(症例によっては入れ歯治療)は非常に重要なのです。

当然ですが総入れ歯にしても、部分入れ歯にしても確実な検査診断が必要です。患者さんの入れ歯治療を始める前に様々な問題点を明確にし、しっかりとした治療計画を経てることが大切と考えます。
さらに忘れてはならない点が1つあります。それは、患者さんとの信頼関係です。信頼関係なくして、良い入れ歯はありえません。それは入れ歯治療が特に時間と手間を必要とする治療方法だからです。“患者さんのために”この技術と精神が最も重要な治療法なのです。

以上をふまえ、当院では困難なケースを多く治療してきました。その結果どのようなケースにも対処できるよう歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士でチームを組み、その患者さんだけの「最良のオーダーメード入れ歯・正しい咬み合わせ」を作るシステムを構築しました。各スタッフが患者さんのためにベストをつくし、ベストの入れ歯・咬み合あわせ治療を行います。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

総入れ歯の場合

保険の義歯はプラスチックで自費の義歯は金属床です。
プラスチックは割れやすいので、ある程度の厚みを持たせて作っていますが金属床は薄く作れるので異物感が少なく快適です。

部分義歯の場合

保険の義歯は使用できる部品が決まっています。自費の義歯は設計が自由ですので審美的にもできます。

噛みぐあい

保険と自費にかかわらず,噛んだ時の違和感や痛みなどは医師の経験や技術によりかなり違ってきます。保険の場合は既製品の服を買うのと同じで、入れ歯の不具合をある程度我慢しなければならないことが有るかもしれません。
自費の場合は歯科医が考えている最高の治療が可能なので歯科医の能力がフルに発揮できます。患者様と歯科医が協力してより良い入れ歯を作れます。

入れ歯の種類

画像

金属床は入れ歯の主要な部分を金属で作った入れ歯のことをいいます。レジン(プラスチック)に比べ丈夫な金属を使うので、しっかりと固定され、たわまない、丈夫な入れ歯を作ることが出来ます。
また、食べ物の温度を瞬時に伝えることができ、食事を快適に楽しむことが出来ます。

ページトップへ戻る